乳酸菌とスポロ乳酸菌の違いについて

インターネットでお馴染み、善玉菌の乳酸菌には大きく2つの効果があります。それは整腸作用と免疫作用です。人間の体内を健康管理するには乳酸菌はスゴイ大事な菌で、余分な悪玉コレステロールだけを吸収し、取り除いたり、悪玉菌の増殖を抑えてくれ、血液をサラサラにしてくれます。

乳酸菌を含んだ商品を販売している会社は多くあり、雪印乳業やカルピス、明治やグリコ、ノーベルなどがあげられます。乳酸菌といっても一言でいっても種類があり、乳酸菌とスポロ乳酸菌は違う菌です。スポロ乳酸菌は、普通の乳酸菌とは違い、胞子が作ることができる有胞子性乳酸菌です。

スポロ乳酸菌はグリコの「ビスコ」に含まれていて、ビスコを食べると体内で胃酸や体温などに刺激を受け、腸内で胞子状態から目覚めます。

スポロ乳酸菌は、栄養細胞の状態では熱や酸に弱く、胞子状態では熱や酸に強いので、環境が整うと体内で栄養細胞として活動します。ビスコのCMで「生きたまま腸に届く」と聞いたことはありませんでしょうか。それはこのスポロ乳酸菌が商品に配合されているからです。

お菓子のビスコにそんな効能があったとは意外なことですね。

 

乳酸菌と卵殻膜の効果について

腸活なんて言葉が出来たように禁煙は乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂取して腸内環境を良くすることが推奨されています。

腸内環境が良くなれば便秘解消、栄養分の吸収率が上がるだけではなく免疫力もアップするのでガンや生活習慣病の予防効果も期待できます。そんな乳酸菌を多く含む食品としてはヨーグルト、チーズ、キムチなどがあり、これらの食品を摂取することで整腸作用が期待できます。

さらに近年注目されている成分の一つに卵殻膜があると言えます。これは卵の殻の内側にある薄い膜の部分を指し、中国では古くから火傷、擦過傷に効果があると使用されてきました。

現代社会においてはサプリメントの原料としても使用されていて、栄養価が高く線維芽細胞を活性化する働きがあるので体内のコラーゲンを増やす働きがあります。その結果肌にハリと潤いが出て美肌効果があると言えます。

他にも卵殻膜はシスチンを多く含み、この成分は体内でL-システインに変化します。L-システインにはシミの原因となるメラニンの生成を抑え肌のターンオーバーを促す作用があるので美白効果も期待できます。